人事労務管理システム導入で生産性の向上を!様々なメリットについて

PCをする女性

部門で異なる人事評価基準をオーソライズ!労務管理データと連携?

Business

人事部門において悩ましいのが、各部門から提出される人事評価です。事業部門が増えるほど、部門長の評価基準が異なり人事評価を社内で統一しているといった企業ポリシーに反する結果になることもあります。しかし、人事労務管理システムを導入することで社内における人事評価基準をオーソライズでき、部門長の感情的なベクトルが評価に反映されていても、労務管理データから適切な評価を判断することができます。
これまで、人事評価を部門長からのコメントで判断していたという場合、評価基準を人事担当は問い合わせる必要があり、膨大な時間だけでなく精神的にも負担が増えます。しかし、人事労務管理システムでは評価基準をコメントで判断するのではなく、選択方式を採用でき社内で異なる判断を統一できます。また、労務管理データと総合して判断することにより、業務達成のために社員が時間を費やしていることを客観的に判断でき、所属長の感情的なベクトルにより不当な評価を受けている社員に対して適正に人事評価を訂正することができます。また、労務管理と人事評価を組み合わせることで人事評価によるパワハラを早期に発見することができ、人事や労務管理を行う部門でコンプライアンス違反調査に掛かるネガティブコストの発生を未然に防ぐことができます。

人事労務管理システムを導入で各種計算方法を統一しよう!

人事労務部門では、給与や通勤費、所得税や住民税、厚生年金や健康保険料などの計算を業務上で行う必要があります。しかし、これらの計算をExcelや手計算で行っていませんか?このような場合、人事労務部門の担当者が変わることで計算方法が異なるケースやExcelデータが破損し計算できなくなる、手計算での方法がマニュアル化されていないなどで業務効率が悪化する可能性があります。しかし、人事労務管理システムを導入することで、計算方法を担当者で統一でき、計算しているExcelデータの破損リスクを軽減できます。
人事労務管理システムでは、計算方法が既にシステム化されており、担当者が変わり計算方法が異なってしまうといったことが無くなります。計算方法を統一することで、担当者を交代する際の業務引き継ぎや計算業務を行える担当者を増やす際の業務教育が効率良くなります。担当者は、各計算で必要なパラメータのマスタ情報の更新管理、社員毎の条件を入力するだけになり業務負荷が軽減されます。人事労務管理システムによりこれまでルーチン業務に追われていて対応できなかった労務管理の改善課題に取り組む時間を作ることが可能になります。
また、人事労務管理システムのデータはサーバー上でバックアップが取られ、計算方法もシステムに含まれるため、計算方法や計算式が失われるリスクが無くなります。

給与に関する工数を人事労務管理システムで改善

会社で働いている社員の労務管理は、人事が毎月それなりの工数をかけている部分です。重要な仕事だけにパートや派遣に触らせるわけにはいかず、少数の正社員が他の業務をこなしながら扱っています。人事労務管理システムを導入すれば、毎月の給与計算をスマートに行えるのでおすすめです。他の入退室を管理するシステムと組み合わせれば、タイムカードに打刻された数字のチェックも省略できます。
労務管理は毎月の固定業務になっているものが多く、システム化によって工数を削減できます。紙のタイムカードを人事が回収して、いちいち電卓を叩いて検証するのはムダな時間です。人事労務管理システムにデータ入力をすれば、自動的に計算してくれます。他の労務管理と連携しているので、極端に残業が多い社員がいないのかの確認もシステム上で簡単に行えるのです。
WEB上で給与明細を発行する等のペーパーレス化にも、人事労務管理システムは役立ちます。人件費が高い正社員を誰でもこなせる単純作業に従事させないためにも、多機能で使いやすい人事労務管理システムの導入を検討してみましょう。会社の重要な財産である人事労務のデータをきちんと管理できるから、勤務時間のグラフなどの資料作成においても大活躍です。


【ダイレクトHR】を使えば面倒な人事の労務管理も効率よく正確にできます!この一つのシステムで楽に労務関係の手続きができるから管理者も社員にもうれしいですね!